気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル 動物

アニマルセラピーはペットブームでさらに発展!どんな効果があらわれるの?

投稿日:2018年2月8日 更新日:

アニマルルセラピーというのを、少し耳にする機会が増えてきたようです。

「ペット療法」とも言われ、動物との触れ合いで人の心身の疲れや病んでいる所に癒しを与えて回復へ導くこと。

ペットブームで最近生まれたばかりのセラピーなのかと思われますが、実は50年近く前からアメリカを中心として広がった治療法なんです。

長い歴史の中でヨーロッパの古代ローマ時代までさかのぼり、当時様々な用途で活躍していた馬で、戦争で傷ついた兵士のリハビリでセラピーをしていたそうです。

日本でも少し遅れてアニマルセラピーが広まってきて、現在に至っています。

ペットとの触れ合いの不思議な効果とはどんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク


アニマルセラピーも猫ブームの影響あり?猫による癒しが拡大!

アニマルセラピーで主に用いられる動物は、歴史がある馬はもちろんですが、子どもたちに人気のイルカ、ペットとして身近な犬と猫が多いです。

猫ブームでアニマルセラピーも、多くの機会で犬が主流だったものから、猫へも注目が集まってきています。

特に最近アニマルセラピーの効果が期待されているのが、介護業界

年配の方は、高齢になると体が不自由で身内が介護するには負担があるからと、多くの人が老人ホームに入ります。

そんな施設に入所した高齢者で多いのが、認知症の症状と体が思うように動かないことへのイライラで精神的に不安定になる事です。

自分が年をとったら、同じようになっていくと分かっていても、中々身内とはいえ高齢者の方の気持ちを理解してあげるのは難しいものです。

特に認知症は、専門的な知識とある程度のメンタル的な対応の仕方を熟知していないと、介護している方の身内がうつ病になってしまうほど深刻です。

そこに取り入れられてきたのが動物とのふれ合いによる精神的な治療アニマルセラピーです。

体が不自由になってしまって、施設でも会話がどんどんなくなっていくと、誰でもあまりよくないことを考えてしまいます。

昔、猫を飼っていた記憶がある人が、猫を見ると懐かしさのあまり涙がこぼれ、感情が豊かになり、心も和むのです。

何かとイライラすると血圧も急速に上がりやすいのですが、それも落ち着かせてくれます。

そして、年配の人は何もする気がおきなくなってしまっている人が多いですが、猫が来てくれると自分から体をなでてあげたい、抱っこしてみたいと行動するそうです。

介護施設では、自発的に何かをすることができる人は、まだ介護認定が低い場合が多いですが、それができなくなっている人も効果が出るそうです。

スポンサードリンク

アニマルセラピーの与える効果で人々の心に希望を与える!

猫をセラピーとして取り入れている場合、その愛くるしい表情とのどを鳴らす音など、ほんのわずかな動きすらも可愛いと思い、人に幸せホルモンが出てきます

大きな病気にかかった人も、何か幸せだと思うことがあると、その症状すらも軽減されていくことがあるぐらい、精神的なバランスを保つことは大切です。

どんなことをしてあげたら、猫が喜んでくれるのかな?と思うだけでも、人々はすでに心身が癒しモードになっているのです。

猫のこんなところがセラピー効果あり!

・ストレスを軽くして眠れない等の症状が改善できる。
・高血圧の予防や改善ができる。
・安心感が生まれて精神的に安定する。
※セラピーに向いている猫の性別
オスの猫で去勢手術をすると、甘えん坊な性格になると言われますが、
(猫の育った環境にもよります。)
※人懐っこい猫の種類
どの種類も性格がおっとりしていて、人見知りをしないのでなつきやすいと言われます。
(育った環境によって必ずしもそうだとは限りません。)
・スコティッシュフォールド
・アメリカンショートヘア
・ラグドール
・メインクーン
・ノルウェイジャンフォレストキャット

猫がなでると喜ぶ場所
・のどの下のところ、背中、耳、お尻

猫が嫌がる場所
・しっぽ、頭、お腹

飼い猫でなついていると、お腹をみせて飼い主の前に寝転がったり、頭をすりすりしながら寄ってきたりするので、苦手な場所でもなれている時は大丈夫。

抱っこする時は、腕のところを持ち上げるのではなく、お尻を支えて持ってあげると、猫も安心してうとうとすることもあります。

猫がこっちに来るまで待っていてあげると、さらに猫はその相手を好きになってくれます。

マイペースなのですが、人になつくとべったりしたがるので、そこも可愛いところです。

そこで生まれる人々の喜ぶ笑顔が何よりものセラピーになるのです。

【こういう記事も読まれています】

まとめ

ペットブームよりも前からアニマルセラピーは存在して、今も多くの効果から注目されています。

介護施設での認知症の方にも、このセラピーは心身を癒しに導く治療法として取り入れられています。

様々なところでのアニマルセラピーは、人の心を癒す動物たちの素晴らしい魅力によって生まれたものです。

ペットブームでなくても、動物の素晴らしさや人に与える影響も、普段から考えていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル, 動物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。