気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

文化

意外に知られていない干支の由来!順番を決めたのは動物ではなかった?

投稿日:2017年12月5日 更新日:

干支 由来 順番

毎年年末近くになると、気になるのは次の年の干支。

年賀状を出す習慣が減ってきたとはいえ、新年のあいさつに干支の動物の入ったものを送りますよね?

その順番を決めた由来は、木星の毎年の位置を示すものでした。

中国での天文学で、木星が12年で1周する位置づけに、植物の漢字を当てました。

動物とは関係ないですよね?

いつから動物が干支になっていったのでしょうか?

その由来と面白い豆知識も合わせて紹介します。

干支の順番はこうして動物へと変化していった!その由来とは?

干支のはじまりは、木星の12個の位置の漢字ですが、植物だといまいち難しいですよね?

干支を始めた中国人が、もっと覚えやすい動物で表したらどうか?と考えたのです。

それが12支のはじまりです。

日本でも昔から伝わっている神様が動物たちにお触れを出して、その順番で決まったというのは、あくまで言い伝えなんです。

天文学であてはめただけとうよりは、民話の方が親しみやすくて話が伝わりやすりですよね?

中国で使われた干支の動物の意味を紹介しますと、

  • ①ねずみ
  • 繁殖能力が高いネズミの特徴から、子孫繁栄

  • ②うし
  • 人間の農作業を手伝うのに利用されたり、肉を食べたり貴重な存在。
    誠実で最後までやり抜く意志の表れ。

  • ③トラ
  • 頭の回転の良さ、決断力の象徴。

  • ④ウサギ
  • その動きの様子で、穏やかで家内安全と発展

  • ⑤龍
  • 中国で最も神格化されている言い伝えの生き物。パワーの原点として縁起がいい動物。

  • ⑥ヘビ
  • 一度受けた恩は必ず返す性質があり、脱皮するところも含めて生死のシンボル的存在

  • ⑦馬
  • 人間の手伝いをしてくれる賢くて生活に欠かせない存在。

  • ⑧ひつじ
  • 群れで行動するところから、家族の和を大切にする意味が込められている。

  • ⑨サル
  • 山に住んでいる神の使いだと信仰されてきた。

  • ⑩鶏
  • 財をとりこんでくれる意味から、商売繁盛

  • ⑪犬
  • 協調性があって飼い主に忠実に献身的に接する姿勢から、忠誠心や安全への象徴。

  • ⑫イノシシ
  • イノシシの肉が病気を防いでくれる効果があるとされていて、健康の象徴

関連記事と広告

干支に伝わるオモシロ話はここから生まれた!由来と豆知識!

干支で今でもオモシロ話として聴かれるのは、ほとんど昔からの民話の方の逸話です。

  • 犬猿の仲
  • 民話に伝わる神様のところへ向かう途中で、言い争ってけんかしていたため。

  • ネズミは牛の背中に乗っていて一番になった
  • 牛は自分が足が遅いから、他の動物より早くに出発したんですが、それをネズミが見ていて背中にこっそり乗っていたんです。

    神様のところに着いたとき、牛の背中から降りてすばしっこく走ったので一番になった。

  • 猫がネズミをおいかける
  • 神様のところへ行く日を忘れてしまった猫は、ネズミにいつだったかたずねました。

    ネズミは意地悪にも、元旦ではなく1日遅い日だと猫にウソを教えたんです。

    そのため、猫はそれを恨みに思ってネズミを追いかけまわすという話。

  • 猫年がある国も存在する
  • 干支は中国から周りの多くの国に伝わって、それぞれの国の文化で解釈も違っています。

    そのため、 ベトナムはウサギ年を、猫の方が神聖だからと、猫年として扱っているそうです。

まとめ

中国の天文学から始まった干支が、こうして多くの年月を経て、様々な国に伝わりました。

親しみやすい動物が漢字に当てられたのは、何となくうなずけますよね?

中国での12支の動物の持っている意味を考えると、その内容は今でも変わらず伝わっています。

年賀状や新年のあいさつで使うけど、あまりよく意味が分からない!という方がほとんど。

動物たちの特徴をうまくあてはめた中国の文化は、今の時代にも通じる人々の願いが込められています。

その由来を知りながら、毎年の干支を思い起こすようにしましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-文化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索