気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

ファッション

リュックの紐がすぐに緩む!簡単なズレ防止方法は?

投稿日:2018年12月9日 更新日:

リュックの紐が緩む
リュックって、両手が使えるのですごく便利ですよね。

特に、子育て中のママさんだと両手が自由でないと困った場面が多々出てきますので、活用されている方も多いのではないでしょうか。

ただ、このリュックのお悩みとしてよく聞くのが、「リュックのショルダーベルトが緩んできて困る!」というものです。

せっかくのリュックも緩んでくると走れないしずれるし揺れるしで大変です。

こうならないために、何か良い対策方法はないのでしょうか?

そこで今回は、このリュックの紐について色々お話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク


リュックの紐を簡単に調節する方法

リュックの紐が緩む
リュックの紐の位置を調節する時、基本的には調節バックル(ベルトが重なっている部分)からベルト紐を引っ張って調節するようですが、実はこれは間違ったやり方です。

正しい方法としては、調節バックルから下にちょっと出ているベルトを握り下に引っ張る。

すると、簡単にベルトが肩に馴染むようにどんどん閉まっていきます。

緩める場合は、調節バックルを軽く握って持ち上げる感覚でクイッと上にとこれだけです。

すると、簡単にベルトがゆるんでいきます。

これだと背負った状態で調整できるため、いちいち下ろす手間がなくなり、肩と背中の最適なポジションに合わせられるというメリットがあります。

注意点としては、背中とのフィット感が大事だからと締めすぎるとリュックサックの位置が背中の上の方まできて、見た目がかなりダサくなるので気をつけましょう。

こちらは登山用のバックパックの紐の調節方法ですが、フィット感などを確かめるのには普通のリュックでも参考になります。

リュックの紐が緩まない通し方

リュックの紐が緩む
リュックの紐が緩まない通し方としては、何かいい方法はあるのでしょうか?

皆さん、それぞれ工夫されているようです。

「ウェストベルトで重みを支え切れてないのが原因ではないでしょうか?腰位置をしっかり決めて、ショルダーを絞めてみて下さい。」

端を金具に戻して入れると、厚みが倍になるので動きませんよ。」

「着脱に難はありますが、私はベルトに結びコブ作って対応しています。」

「少し荷物を減らすだけでも緩まなくなりますよ」

アジャスターを噛ませれば一時的な対処は出来ます。結論から言えば、部品交換ですけど。」

このように、いろいろなやり方があるようですので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらはウエストポーチですが、安全ピンでとめてしまうという方法です。

簡単、明快!リュックにも応用できそうですね。

こちらはマリメッコというメーカーのリュックですが、金具が似たような物だったら応用できそうですので、参考にしてみてください。

リュックの紐が緩んでもずり落ちない便利グッズ

リュックの紐が多少緩んでも方からずり落ちないようにするための便利グッズもがたくさん出ていますので、何点かご紹介しましょう。

KAWAGUCHI ベルトストップシリコンすべり止め 粘着タイプ 2枚入り 黒 (アイロン接着)

ショルダーバッグやリュック等が肩からずれ下がるのを防ぐことができます。
貼り付けるだけの粘着タイプで取り付け簡単です。

リュックずり落ち防止バンド 肩ベルト ずれ落ちストッパー

リュックの肩ベルトに取り付けるだけの簡単でお手軽な商品です。

リュックや体の動きに合わせて、ゴムが伸縮するため体へのフィット感もバッチリ!

ワンタッチで取り外しが簡単にできるバックル付きで、着脱も楽ちんです。

肩ひも・ストラップのズレ落ち防止に「ベルトストップ」 八商商事株式会社

肩ひも・ストラップのズレ落ち防止用のベルトストラップです。

ベルト裏側に貼りますので基本目立ちません。

リュックの紐がすぐに緩む!簡単なズレ防止方法は?のまとめ

まずは体にフィットするようにきちんと調節すること。

そして紐が緩まないように通し方を工夫したり、安全ピンでとめるという方法があります。

他には少々紐が緩んでも肩からずり落ちないようにするグッズを使うのも一つのアイデアですね。

ぜひあなたのリュックや体型に合った方法を見つけてください。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-ファッション

執筆者: