気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

家電

人気急上昇の家電とは?一人暮らしにおすすめのお1人様家電をご紹介!

投稿日:2017年12月2日 更新日:

家電 お1人様 おすすめ

「お1人様向け家電」と言うのを、よくテレビでも耳にすることが増えましたよね?

一人暮らしにおすすめな家電セットも、今では住まいの変化もありコンパクトになってきました。

以前は一人暮らしと言うと、新社会人や学生が親元を離れて、新生活を送るのがイメージとして強かったのですが、最近は定年退職された老後の生活を送る年配の方も、独居老人として生活する方も増えています。

そんな高齢化社会になってきた事も含めて、とても便利でお勧めなお1人様家電とは、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

進化するお1人様向け家電!一人暮らしに役立つ機能とは?

お1人様向けと言うと、イメージでは炊飯器なら1合炊きとか、少ない分量で調理できる家電だと思いますよね?

実はそれは今や当たり前の機能で、それにプラスして炊飯をしながら、蒸し料理も一緒にできたり、1つの家電の使用でいくつも調理ができるのが特徴なのです。

1人暮らしだと自分だけなので、調理するのが面倒と言うのが圧倒的な声だと思います。

ところが、年配の方が老後を一人で生活されていると、頻繁に外へ惣菜等を買いに行くのも大変ですし、出来合いのお弁当ばかり食べていては、少し栄養に偏りも出てくると考えるため、そこに家電業界が目をつけたのです。

機能を増やしていくつも鍋をつかったりする手間が省ければ、手料理を自分で作る方も増え、年配の方のお悩みも解消できると考えたのです。

それが大ヒットでお1人様向け家電は、普通の親子で住んでいる家庭にも浸透して、その便利な機能が、子育てしながら毎日忙しく生活する女性にも利用されるようになりました。

時短で調理が可能になって、洗い物も減りますし一石二鳥です。

そんな人気があるお1人様向け家電が、必要とされる理由はどんなことなのでしょうか?

関連記事と広告

お1人様向け家電の進化!一人暮らしでなくても必要とされる理由とは?

最初は一人暮らし用の家電として、今までも少量で調理できるものは多く発売されていました。

それがいま進化をとげて、一般家庭にも使用されるまでになっていったのはなぜでしょうか?

仕事に家庭に忙しい生活で、少しでも何かを時短出来ないかとみんなが考えるのですが、やはり食事の調理の手間を省きたくて、スーパーの総菜を買ってきたり、お弁当で済ませたりと様々です。

それが子育て世代の方や年配の多くの方が、「食育」と言う言葉があるのですが、それを考えると、やはり手料理で家族の健康や栄養を考えて作るほうが、体づくりにもよいと見直されてきたのです。

昔は手料理で食卓を囲むのが普通の家族のあり方でしたが、それが仕事が忙しくてゆっくりと調理できなくなって、スーパーでは小さいパックの惣菜も置かれるようになり、とても売れているそうです。

お1人様向け家電は、そんな食育に関してもメリットがありますし、忙しくてもちょっと
手料理を!と利用しやすいので、広く人気が出てきました。

単に、家電の便利な機能があるのを興味があって買ってみるという世代の方もいます。

それでも、年齢やライフスタイルにこだわらず、多くのメリットを考えたこの家電業界の発想はとても素晴らしいものです!

おすすめのお一人様用家電

①多機能な炊飯器

ご飯を炊くだけではなくて、煮物や蒸し料理までできちゃう優れもの!
ご飯は銘柄によって炊き分ける機能までついています。

by カエレバ

②ホットプレート

2種類のプレートを使い分け、朝食・ランチ・おやつ・ディナーまでこれ一つで作れます!
コンパクトなうえデザインも可愛いですよ~。レシピ本もついてきます。

by カエレバ

③一人用ホットカーペット

1.5畳のコンパクトサイズなので、一人にちょうどいい大きさです。
小さいから出すのも片付けるのも、お手入れも楽ですね。電気代も節約できます!

by カエレバ

まとめ

時代の流れは多くの産業へも改革を求められるようになりましたが、少しでも便利で多くの悩みを解決できることを考えられた、素晴らしい進化を遂げています。

便利グッズと呼ばれる、家電以外のものも注目されているのは、誰もが知っていますよね?

思わず試したくなる楽しい機能、意外なできばえに驚いてしまいます。

お1人様向け家電がおすすめなのは、ライフスタイルに合わせて使用でき、今まで問題になっていた食育に関しても改善されていくのが期待できるからです。

早い時代の流れについていくのが大変だと思うかもしれませんが、自分の生活の手助けになる発想を常に考えている産業の取り組みは、今後も応援したくなります。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-家電

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索