気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

気になること・素朴な疑問

献花台のお菓子やお花はその後いつまで飾るの?誰が片付けるの?

投稿日:2019年5月10日 更新日:

献花台のお菓子やお花はいつまで飾る

交通事故が起こった現場などに献花台が設置されることがよくあります。

そこに飾られているお菓子やお花などはその後どうなるのでしょうか?

調べてみたところ、献花台についていつまで飾って、誰が片付けるのかなど、特に法律で決まっているということはないようなので、体験者の話を元にまとめてみました。



献花台のお菓子やお花はいつまで飾るの?

献花台のお菓子やお花を飾る期間は特に決まりはなく、いろんな条件によって変わってきます。

  • 献花台を設置したときの天気
  • 献花台を設置した場所
  • 献花台を設置した人

献花台を設置したときの天気

夏の暑い日だったらお菓子やお花はすぐに傷んでしまいますよね。

そうすると、ニオイなども気になるので様子を見ながら数日~1週間ほど撤去することが多いです。

逆に冬の寒い日だったら、お菓子もお花もわりと日持ちします。

他に問題がなければ、夏よりは飾っておく期間が長くなることが多いです。

献花台を設置した場所

献花台を設置した場所が歩道もないような狭い場所か、通行する車や人に邪魔にならないような広い場所かどうか、でも変わってきます。

狭い場所だったら、通行する人や車に迷惑にならないよう規模を小さくして、飾る期間も短めにすることが多いです。

その後、例えばガードレールに一輪挿しのような物を設置して、そこに少しだけ花を飾っておくということはよくあります。

交通事故が多い場所では、そのような花を飾っておくことでドライバーにとっても「事故が多いから気を付けなきゃ!」と注意を促す意味にもなることがあるんです。

特に邪魔にならないような広めの場所だったら、飾る期間を少々長くしても問題はないようです。

献花台を設置した人

献花台は設置する人が必ずいます。

だいたいはご家族だったり、関係者であることがほとんどです。

献花台を設置した人の都合やで飾る期間を決めることもあります。

「せめて1カ月は・・・」

「もう気持ちの整理もついてきた」

という気持ちの上での区切りで、飾る期間を決めることも多いです。

献花台のお菓子やお花はその後どうするの?

献花台に飾られたお菓子やお花は、ある程度期間が過ぎれば撤去されます。

お花は生花だったら枯れるので処分しますが、造花だったら、故人のお墓や仏壇に引き続き供えられることがあります。

お菓子や飲み物などは、しばらく家の仏壇などにお供えして、賞味期限が切れたら処分することが多いです。

たまに、関係者の間で行われる「お別れ会」のような場所で消費する、という話も聞いたことがあるのですが衛生上はもちろん、気持ち的にもあまり受け入れられることではないと思います。

また、お供えしてある物をもらっていく人がいるのも事実です。

カラスや野良犬ならまだしも、人としての在り方を考えてほしいな、と個人的には思います。

献花台のお菓子やお花は誰が片付けるの?

献花台のお菓子やお花は、献花台を設置した人や管理した人が片付けるのが筋です。

ほとんどの場合は、そうされているようです。

しかし、中には長い期間放置されて、最終的に道路管理者などが片付けることもあるそうです。

まとめ

献花台に供えられるお菓子やお花をいつまで飾っておくのか、その後どうなるのか、誰が片付けるのか、ということについてご紹介しました。

献花台については賛否両論あるのは確かです。

でも、その背景にはいろんな人の気持ちや人生があります。

お互いにマナーやモラルをもって対応していくことが大切なのではないでしょうか。

献花台にお供えする花や食べ物・飲み物、事故現場での献花のマナーについてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

-気になること・素朴な疑問

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^