気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

5月の話題 気になること・素朴な疑問

鯉のぼりの一番上のやつ何だっけ?名前・色・意味は?飾れない家がある?

投稿日:2018年3月8日 更新日:

鯉のぼり 一番上のやつ

5月になるとあちこちではためく鯉のぼり。

子どもに聞かれたりしませんか。「鯉のぼりの一番上のやつ何だっけ?」と私もうろたえたことが・・・^^;

それぞれ名前があるだけでなく、ちゃんと意味もあるんです!

この記事では、鯉のぼりの各パーツの名前とその意味、鯉のぼりが飾れない家の事情などについてもご紹介します。

スポンサードリンク


鯉のぼり各パーツの名前と意味!

一番上から順番にご紹介しましょう。

①天球・回転球・駕籠玉(かごだま)

一番上にある丸い玉。

これは神様が降りてくるときに目印として見つけるものなのだそうです。

もともとは鉄の玉ではなく、竹で編まれたカゴだったために、駕籠玉、という呼び方もあるんですね。

②矢車(やぐるま)

丸い玉のすぐ下にある、金色の車輪のようなもの。

これは矢車と呼ばれ、魔よけになるものです。

円の中のスポークのようなものが矢の形をしており、これがあちこちに向くことで魔をよけるのです。

矢車は消耗品で、とても壊れやすいようです。

ただし、この矢車には魔よけ以外の、とっても実際的な効果があります。

この矢車が風を受けてぐるぐる回ることにより、ポールをつたって、地面に振動が伝わり、蛇やもぐらなどが逃げていく、という効果が見込めるのだそうです。

すごいですね!

③吹き流し

鯉たちの一番上にある、顔のない妙にカラフルな鯉のようなもの。

これは吹き流しと言って、鯉ではないんです。

吹き流しにも深い意味が込められており、子どもが無事に成長してくれることを願って、魔よけの意味を込めてつけられています。
矢車と似た意味を持っているんですね。

鯉のぼりにも見られる吹き流しですが、これは風を見るためのアイテムとして全世界共通にあるものなんです。

日本語では吹き流しですが、英語では「wind socks」というようですよ。

④真鯉(まごい)

これは真鯉。

真っ黒の原種の鯉です。

大きな真鯉はお父さん、などと言われているように、真鯉は釣りをする女性でも、なかなか釣りあげられないほどの大物です。

筆者も真鯉を釣って、飼っていましたが、かなり大きくさすが鯉のぼりの先頭になるべき存在!と感じました。

また、その頭の良さから、まさに先頭になる鯉だと思います!

⑤緋鯉(ひごい)

これは錦鯉のことです。

赤い鯉なのでお母さん、と思われる方が多いでしょうが、鯉のぼりには実はお母さんはいないんです。

赤い鯉でも、青い鯉でも、真鯉の下に来る鯉は全て緋鯉と言われています。

それが、近年になってから、赤い鯉はお母さんでもいいじゃないか、となったようです。

でも実際には、真鯉とそれ以外の鯉しかいないんですね。

鯉のぼりの基本の鯉は真鯉で、それ以外の鯉は特に色が決まっているわけではないようです。

ただし、四国などの一部地域では、赤い緋鯉が真鯉よりも上に来たり、一番先頭になることがあります

⑤地域限定アイテム! 矢旗(やばた)

九州、中国地方で限定されているものですが、長い短冊のようなものが鯉のぼりの上に一緒に飾られている場合があります。

このアイテムは、この鯉のぼりの持ち主であるお子さんの名前がばっちりと記されているんです。

現在では、個人情報保護の観点から、矢旗を飾ることは控える傾向があるようです。

スポンサードリンク

鯉のぼりを飾れない家がある!

鯉のぼりを飾ることができない家があるのはご存知ですか?

実は、家計の事情ではなく、「家系」の事情で飾れないおうちがあるんです。

源平合戦で負けた、平家の末裔の方たちは現代になっても鯉のぼりを飾ることはできないのだそうです。

その家に男の子が生まれたということが周囲にばれてしまったら、刺客がやってきて、殺される可能性があるから。

それほどまでに徹底的に、平家は家系丸ごと根絶やしにされそうになったんですね。

現代においては、平家の末裔だとしても滅ぼそうとする勢力はありませんが、それでも現代においても平家の末裔の家系の方たちは鯉のぼりを飾らないのだそうですよ。

スポンサードリンク

色にも意味があるって知ってた?

鯉のぼり 一番上のやつ

彩り豊かな鯉のぼりですが、それぞれに意味が込められているように、その色自体にも意味があります。

例えば、吹き流しですが、5色からなっていて、とてもカラフルですよね。

これにも深い意味があります。

この5色は、中国で信仰され続けた、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)から色づけられています。

この陰陽五行説、というのを色で表すと、黒、白、黄、赤、青の5色となり、これが吹き流しにそのまま使われているんです。

これは、陰陽五行説は体における内臓や、星の関係、地球の自然そのものとも関連付けられるものです。

また、鯉そのものの色についても様々な見解があります。

真鯉は真っ黒で、まさに鯉の代表ともいえます。

江戸時代においては、鯉のぼりは真鯉だけでした。

鯉は川を上り、龍になるものです。

つまり、鯉は出世をする前の子どもの姿であり、将来立派になることを願って飾られたのが始まりです。

現在では、様々な色の鯉のぼりがセットで売られていますが、親族の多いひと昔前は、それぞれの親族からいろいろな色の鯉のぼりの鯉が1枚づつ贈られていたのだそうです。

ですから、親族の願いの強い家族であった場合、真鯉ばかりが鯉のぼりに並ぶ、ということもあったようですよ。

鯉のぼりの吹き流しに家紋を入れる?

鯉のぼりは男の子の節句ですが家庭によって吹き流しに家紋を入れるところもあるそうです。

鯉のぼりと一緒に飾られている吹き流しの意味と鯉のぼりについてこちらにまとめてみました!

鯉のぼりの一番上のやつ何だっけ?名前・色・意味は?飾れない家がある?のまとめ

男の子純粋な健康を願って飾られる鯉のぼり。

各パーツの意味が分かると、それまで見ていた鯉のぼりに深みが出てきますね!

鯉のぼりを飾る予定のご家庭は、ひとつづつお子さんに教えてあげながら一緒に飾ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事と広告

-5月の話題, 気になること・素朴な疑問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。