気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

気になること・素朴な疑問

冷凍庫の氷って賞味期限あるの?放置するとなくなるのはなぜ?

投稿日:

冷凍庫の氷の賞味期限は

暑い夏が近づいてきて、冷たい物がおいしい季節になってきました。

この時期に活躍するものと言えば、氷ですよね。

そろそろ家庭で大量に作るという方も出てくると思います。

しかし、氷って大量に作っておいたと思ったのに、少し放置しておくと、なぜか小さくなっていたり、溶けていたってことはありませんか?

形が変わってきたりすると品質なども気になるところですよね。

そこで、今回は氷の賞味期限や氷が小さくなる理由などお伝えしていきます。



冷凍庫の氷に賞味期限はある?

冷凍庫の氷って賞味期限あるの?放置するとなくなるのはなぜ?

冷凍庫で作られる氷は、調べてみると原則的に賞味期限というのはないということなのです。

基本的に、-18℃以下では、腐ってしまう原因である菌などの繁殖は起こらず、氷の品質はほぼ変わらないんですって。

結果的に傷んだり、腐ったりするということがないので、賞味期限というものはないという見解のようです。

ただ、実際に賞味期限がないからといって、1年以上放置されているような氷が出来たてのようにおいしく食べられるかと言ったらそうでもありません。

氷が出来てから時間が経ってしまえば、冷凍庫内には、他のものも保存することが多いのでそれによるニオイ移りや、経験があると思いますが、氷が小さくなってしまっていたりと様々な弊害が起こります。

そして、最近では冷蔵庫に自動製氷機の機能がついているものが多いですが、定期的にトレーやタンクなどを掃除しないと、氷が出来るまでの水に雑菌が繁殖してしまうなどの問題も起こってしまうため、衛生的な面でも心配になってしまいます。

このように氷に賞味期限がなくとも、気をつけなくてはいけない点は多々あるのです。

ですので、出来た氷は早めに食べて、また新たに作ることをオススメします。

冷凍庫の氷を放置するとなくなったり小さくなったりするのはなぜ?

冷凍庫の氷の賞味期限は

冷凍庫の中に氷を放置しておくと、氷が小さくなったりすることがあります。

特に何かしたわけでもないのに、氷が小さくなっていたり溶けていたりしていたらビックリしてしまいますよね。

しかし、この現象は、どこの家庭でも起こりうることでありなんら不思議なことではないのです。

特に、自動製氷機能がついた冷凍庫で作られる氷の場合、よりこういった現象が多く見られるのです。

ちなみに、氷が溶けたり小さくなってしまう背景には、昇華という化学反応が起こってしまうからなのです。

昇華というのは、固体であるものが液体になることなく、直接固体から気体へ変化させることを言います。

冷凍庫内は、基本的に乾燥しています。

氷はもともと水分で出来ているので、固まっていても、ちょっとした温度変化で少しずつ溶けようと水蒸気が発生します。

しかし、冷蔵庫の機能としては、乾燥した湿度を保とうと発生した水蒸気を追い出そうとする働きをします。

こうした機能が何回も繰り返されることで、次第に氷が小さくなってしまったり、溶けてしまったりしているのです。

先ほど、自動製氷機のついている冷蔵庫の方がこういった現象が起きやすいとお伝えしましたが、これは、製氷機周辺の冷気送風量を増やすことで早く氷を作ろうとしている力が働くため、より昇華の現象が起きやすいとされているからなのです。

ちなみに、ですが氷が溶けたり、小さくなっていても品質には問題はないので、安心して使ってくださいね。

まとめ

氷の特徴や賞味期限についてお分かり頂けたでしょうか?

この時期大量に作ることがあると思いますが、衛生面とかを考えると長期保存にはあまり向かないものでもあるので、早めに使い切って、新しい物を作って補充する形にすると良いですね。

-気になること・素朴な疑問

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^