気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

気になること・素朴な疑問

招き猫の右手と左手の意味って?置き方ってどうしたらいいの?

投稿日:2018年9月4日 更新日:

招き猫 右手 左手 意味

日本人にとってお馴染みの幸運をもたらすアイテムと言えば、招き猫ですよね。

招き猫ってどちらかの手を上げているのが特徴的ですが、その意味をご存じでしょうか?

なんとなく聞いたことがあるけれど、はっきり覚えていないという人が多いのではないでしょうか?

右手と左手では、大分意味合いが違うので、知っておかなければ正しい御利益が得られません。

そこで今回は、招き猫のあげている手の意味などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


招き猫の右手と左手の意味

招き猫 右手 左手 意味

<右手を挙げている招き猫>

右手を挙げている招き猫の意味は、主に金運アップを意味しています。

お金が貯まるということや、幸せを呼び寄せるという意味があります。

ですので、一般的に家庭で飾ることが多いでしょう。

ちなみに、招き猫には性別があるって知っていましたか?

右手を挙げている招き猫ですが、性別は雄(オス)のようです。

<左手を挙げている招き猫>

左手を挙げている招き猫の意味は、千客万来という意味を持っています。

要するに、手をあげて人をたくさん呼び込んでいるということです。

ですので、商売をするお店などによく飾られています。

ちなみに、左手を挙げている猫の性別は雌(メス)です。

<両手を挙げている招き猫>

そして、最近では、片方だけでなく両手を挙げている招き猫も登場しています。

昔は、片方だけしかありませんでしたが、両方の良いところを取りたいというということでバンザイをしているように両手を挙げる招き猫もあります。

しかし、両方あげている招き猫の場合、意味の取り方によっては、両方をとることで欲張りすぎてお手上げしているとか、商売をしている人が置くことで、バンザイしている形になりもうお手上げという意味で倒産してしまうなど不吉に意味を変換して、両手を挙げている招き猫をあまりよく思っていない人もいます。

スポンサードリンク

招き猫の正しい置き方

招き猫 右手 左手 意味

招き猫は、ただ置けば良いという訳ではありません。

招き猫は正しく置いてこそ、その効果を発揮するものなのです。

基本的に招き猫を置くときに大事なことがあります。

①人の目線より上に置く
②人目が多いところに置く
③外が見えるように置く
④清潔な場所に置く

基本的にはこの4つを守ることが大切です。

家庭に置く場合でしたら、玄関やリビングなどに置くことが良いとされていて、商売をしている人なら、人が入ってくる入り口付近に置くのが良いとされています。

そして、昔は、招き猫と言ったら白色が多かったのですが、近年では色もカラフルになってきてバリエーションも増えてきました。

手のあげかただけでなく、色の違った招き猫にも意味があり、置いた方がより効果が上がる方角があるので、こちらも合わせて説明しておきますね。

・白色は、開運を招く招き猫で北西に置くと良いとされています。
・黒色は、厄除けをする猫とされ、北か南西に置くと良いとされています。
・赤色は、病から守る猫で、東に置くと良いとされています。
・ピンクは、恋愛運アップの猫で、東か南西に置くと良いとされています。
・青色は、学力アップの猫で、東に置くと良いとされています。
・緑色は、交通安全を守る猫で、南に置くと良いとされています。
・金色は、金運アップの猫で、西に置くと良いとされています。

招き猫の色によっても意味が違うので、是非自分の願いにあったものを選んでくださいね。

ちなみに、招き猫ですが、大体2年周期で交換すると御利益が続くとされているので、2年を目安に新しいものと交換するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

招き猫 右手 左手 意味
招き猫は昔から、福をもたらす幸運の猫とされてきました。

手のあげ方かた、飾り方、色の違いなどによって願いが違ってくるので、目的にあったものを選び、正しい方法で飾って、是非幸運を手にいれてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-気になること・素朴な疑問

執筆者: