気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル

結婚祝いにもらって嬉しくなかったもの!忙しいワーキング主婦に本格的な和食の料理本…

投稿日:


40代の元主婦です。

結婚祝いというのはもらって気持ちは嬉しいのですが、正直嬉しくないものというのがあります。

今は離婚していますが、結婚した時に、元夫が和食好きだという話を聞いた親戚が、結婚祝いにと下さった本が本格的な和食の料理本でとても困りました。

まず、「そろえたい調理器具」という内容で、「盆ざる」とか「目ざる」って、どこで売ってるのか分からない名前の調理器具が並んでいて、ぞの段階でその先読むことを躊躇してしまいました。

それに、当時は派遣社員としてまだ仕事をしていましたので、こんな本格的な料理作れる時間的、体力的余裕ありませんでした。

これからお知り合いなどへの結婚祝いに料理本を送られる場合は、簡単でスピーディーに作れる料理の本を送ってあげてください。



結婚祝いに本格的な和食の料理本を頂いた。

結婚祝いに、元旦那が和食好きだということを聞いた親戚がお祝いにと下さった本が、本格的な和食の本で、書いてある「そろえたい料理器具」にも「盆ざる」とか「目ざる」とか、写真は載っているものの、どこで売ってるのか分からない名前の料理器具が並んでいて、100均とかのプラスチックのざるとか駄目なんかなと困りました。

基本的な材料の切り方とか参考にしたものの、図や写真でとても分かりやすく説明してある本だったのですが、学校の家庭科でもこんなに本格的に出汁を取ったり、魚をさばいたりしたことなくて、当時派遣社員としてフルタイムで働いていたので、時間的にも体力的にもとても出来る内容ではなくて、頂いたものの実際に本に書いてある内容の料理を作ることもなく眺めるだけで終わりました。

本格的な和食の料理本をもらったけど、嬉しくなかった理由

平日働いているので、とてもじゃないけど出汁をちゃんと取るとか、魚をさばくとか出来ないし、料理を盛り付ける器の解説とかもあったのですが、そんな本格的な器はうちには無かったし、かといって買い揃えるのもお金がかかるし、自分にはそこまでの料理の技術と盛り付けのセンスもなかったからです。

また、料理の材料にも名前も知らないものとか、スーパーでも見た記憶ないようなものとかあって、材料を揃えるだけでも大変そうだし、自分が作るよりお店でプロの方に作ってもらった方が早いし、元旦那は「作れ」と言わなかったし、助かったのですけど、結局、本はたまに開いて眺めるだけで、いつの間にか本棚の奥に押しやられて、そこに載っている料理を1回も作ることなく終わってしまったからです。

これから結婚祝いをあげたりするのに料理本をあげるのはやめよう

これから、もし知り合いとか、友人、親戚などの結婚祝いに料理本を送るなら、本人にまず確認を取られた方がいいです。

本人にリクエストあれば、そのリクエストに応えられればいいですし、もし、本人が仕事を結婚後も続けられるならば、時短料理とか、簡単なアレンジ料理とか、電子レンジ調理法などの本がいいかもしれません。

結婚後も働く女性が増えてきているし、家庭科とか学生時代にやっても、やっぱり料理苦手な人は苦手だし、働いて家事するのって結構大変で、料理する気力って、疲れて帰ってくるとほとんどないので、本格的な料理本とかはかえって迷惑かも知れません。

それに、最近はインターネットで料理の検索も出来るし、スマホのアプリにも色々あるますから、よほどのリクエストが無い限りは、料理本は辞めておかれた方がいいかもしれません。

【こういう記事も読まれています】


結婚祝いにもらって嬉しくなかったもの!忙しいワーキング主婦に本格的な和食の料理本…のまとめ

結婚祝いには、本人のよほどのリクエストが無い限り、本格的な料理本は辞めておかれた方がいいです。

働いていると、時間的にも体力的にも無理ですし、今ではインターネットで色々検索できますから、余計なお世話かもしれません。

-メンタル

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^