気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

ビジネスマナー メンタル

休職延長するとき診断書の提出でやってはいけないこと!うつ状態でもここは注意!

投稿日:2018年6月11日 更新日:

休職 延長 診断書

うつ状態あるいはうつ病と診断されて休職中の方は結構多いと思います。

この記事を書いている私も実は経験したことがあります。

休職を延長するときはかかっている病院から診断書を出してもらう必要がありますが、それを会社に提出するときってどうしたらいいのでしょうか?

うつ状態のときってあまり人に会いたくありませんよね。

私も会社とのやり取りはほとんどメールかFAXでした。

今回は休職を延長するとき診断書の提出でやってはいけないことや、注意すべき点について私の体験をもとにお話したいと思います。

スポンサードリンク


休職延長の診断書提出でやってはいけない方法!

私は休職を2度延長した経験があります。どちらも理由はうつ病です。

かかりつけの心療内科で診断書を書いてもらったのですが、その提出方法でやってはいけないことをやってしまい、後で上司に叱られました。

事前連絡なしに同僚に診断書のみ渡してもらう

同僚の中でまあまあ親しく何とか連絡を取ることができた方に家に診断書を取りに来てもらい、上司に渡してもらいました。

その方法自体は特に問題がないのですが、いけなかったのは事前に上司に何も連絡をしなったことです。

きちんと電話で事情を話しておけば良かったのですが、私はその上司との人間関係がうつ病になった原因でもあったので、どうしても連絡を取る気力がわかなかったんですね。

そこで、このような方法をとってしまったんですが、結果的に注意を受けて余計後味が悪くなってしまいました。

事前連絡なしに診断書のみ郵送する

休職の原因は様々でしょうが、どうしても診断書を持っていくことができない、頼む人もいないという場合も考えられます。

そういうときは診断書を郵送しても構いません。

ただ、必ず事前に上司に連絡や相談をしましょう。

そして、郵送する場合は診断書のみではなく「添え状」を付けるのがマナーです。

添え状に関しては手書きでもパソコンで作成したものでも構いません。

文例や封筒の書き方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

休職延長の診断書提出で気を付けること

社会人としてぜひ知っておいてほしいマナーですので、覚えておいてくださいね。

まずは上司に連絡

休職を延長したい、病院の先生から強く勧められた場合、まずは上司に連絡です。

電話が難しいようだったらメールでも構わないでしょう。

その時に確認する内容は次の通りです。

  • 休職を延長する期間
  • 診断書の他に何か用意する書類があるかどうか
  • 診断書の提出方法
  • 代替の人材がいる場合はその人との引継ぎについて

病状や会社の規則などによって様々でしょうから、辛い状況だとはいえきちんと確認しなければなりません。

もしどうしても本人が上司に連絡できない場合は、両親や配偶者など家族にお願いしても構いません。

とにかく事前に連絡を入れましょう。

診断書はできれば直接提出

私は休職を延長したときに「診断書は自分で出社して手渡しするもんだ」と上司に叱られました。

それが可能ならいちばん良いのですが、

けがで動けなかったり、田舎に帰って療養している場合

もあるでしょう。

事情があれば誰かに代わりに持って行ってもらったり、郵送でも受け付けてもらえるはずなので、その点もとにかくまず上司に相談することです。

【こういう記事も読まれています】

どうしても復職できない場合は転職もあり!

特にうつ病などの精神障害で長期間休職していると、復職してからのことがとても心配になりますよね。

「また前と同じように人間関係で悩むんじゃないだろうか・・・」

「ブランクがあるから、前と同じように仕事ができるか心配・・・」

ということで悩んでなかなかうつ病から抜け出せずに、そのまま退職せざるを得ない状況に追いやられるケースも結構あるんです。

どうしても復職できない場合は、思い切って転職を考えるのもありではないでしょうか。

うつ病や発達障害など障害がある方の就職と定着を支援する施設【ニューロワークス】
診断書 添え状
はうつ病などの精神障害や、発達障害などの特性を持っている人が、就職をするための訓練を行う場所です。

転職のサポートだけではなく、その後の定着までも見据えたプログラムやトレーニングが充実しています。

ニューロワークス
診断書 添え状
の特徴

  • 1.就職だけでなく定着も見据えた二段階プログラム
  • 就職後も休職・離職することなく安定して働く続けるための、二段階プログラムを導入!

    【健康管理・生活習慣】
     ストレスケアのマインドフルネス、集中力や注意力を鍛える脳トレ、食事や睡眠のレクチャー、健康な体を手に入れる運動などを身につけられる

    【仕事に必要な知識やスキル】
     タスク管理能力、段取りの立て方、企画提案の仕方、PCスキルなどを身につけられる

  • 2.充実の就職活動サポート
  • 業界研究・応募書類の添削・面接同行・企業訪問や職場実習など細かい指導を受けられる

  • 3.収入がない方も安心
  • 多くの方が無料または低料金で利用可能!

    さらに交通費助成、ランチ支給制度もあり。

  • 4.脳科学に基づくトレーニング
  • 精神科医・脳科学者監修、多数の論文の分析に基づくブレインフィットネスプログラムを導入!

就職スキルだけではなく、生活習慣の改善をすることで、転職後に企業に定着して、安心して働けるためのサポートが充実しています。

うつなどで休職中・・・だけど新しい職場で再スタートしたい!という方はこちらへ
診断書 添え状



診断書 添え状

休職延長するとき診断書の提出でやってはいけないこと!うつ状態でもここは注意!のまとめ

うつ状態などで休職を延長するときの診断書の提出方法について、やってはいけないことや注意すべきことについてご紹介しました。

他人事と思っている人もいるかもしれませんが、いざ自分がそういう立場になったときにどうしたらいいの?というマナーがたくさんありますよね。

どういう状況であれまずは上司に連絡して現状を報告し、支持を仰ぎましょう。

そして誠意をもって礼儀正しく対応すれば、大丈夫です。

手続きさえちゃんとすれば、あとはしっかりと心と体を休めることを優先させてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-ビジネスマナー, メンタル

執筆者: