気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

ビジネスマナー メンタル

飲み会の幹事なんてやりたくない!なんで俺が?と思ったときに読む記事

投稿日:2018年12月19日 更新日:

飲み会幹事やりたくない

飲み会のシーズンが到来しました。

その飲み会で必要になってくるのが幹事ですよね。

飲み会があると、いつかは回ってくるという覚悟はしていたけれど、ある日突然、『次の幹事は君に任せる』なんて言われた日には、テンションガタ落ちですよね。

正直、幹事なんてやりたくないし、めんどくさいだけ・・・。

でも、断れないし、もう本当に嫌すぎる!!

そんなあなたに今回は、同じように幹事をすることが嫌と思っている人の理由や、することで得られるメリットについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


飲み会の幹事をやりたくない理由3つ

飲み会幹事やりたくない

幹事をやりたくないと思っている人はたくさんいます。

では、やりたくない理由とはどんなものなのでしょうか。

<理由1 面倒くさい>

幹事になると、お店を決めたり、人数を確認したり、料理の確認をしたり、とにかく飲み会を成功させるために、色々とセッティングする必要があります。

しかも、これらを行うのは、完全なプライベートの時間です。

せっかくの休みなのに、わざわざ飲み会のために時間を費やすなんて正直、面倒以外なにものでもないのです。

<理由2 文句が多い>

せっかくあれこれ楽しんでもらうために頑張ったのに、飲み会が始まってから、『ここの料理はいまいち』『会費が高い』『つまらない』などの文句がちらほら。

文句を言う人に限って何もしないのに言いたい放題言って、幹事を困らせてしまう人が必ずいるので、その文句につかれてしまい嫌な思いをしてしまうのです。

<理由3 そもそもお酒が飲めない>

近年、お酒を飲めないという人が増えています。

お酒を飲めないと、飲み会の雰囲気も分かりづらいですし、お酒の事については全くわからないので、お酒のチョイスも難しく、とても厄介な仕事だと思うようになるのです。

スポンサードリンク

飲み会の幹事をやることで得られるメリット5つ

飲み会幹事やりたくない

幹事をすること自体嫌だという意見が圧倒的多数ですが、実は、そんな幹事にもすると良い事もあるのです。

良い事があるのなら、少しは頑張れそうですよね。

では、早速説明していきましょう。

<メリット1 人脈が増える>

幹事をするのは、若い社員がメインでやることが多いと思います。

若い社員の場合、普段仕事のときに自分のことが手がいっぱいで、あまり喋らない人や接点が全くない人などが周りに多くいると思います。

しかし、幹事をすると、いままで接点のなかった人とも必然的に会話する機会があるので、人とのコミュニケーションの輪が広がって、社内でも今まで以上に円滑に仕事をすることが出来るでしょう。

<メリット2 名前を覚えてもらったり評価があがる>

若い社員であれば、まだ大きなプロジェクトを任されたり、名前すらはっきり覚えてもらえていないなんてこともあるでしょう。

みんなが嫌がる幹事をすることで、積極性をアピールできて、上手くいけば自分の評価もあがり、仕事へ繋げることが出来るでしょう。

若い人はあまり飲み会に積極的ではないですが、40代~50代の上司やお偉いさん方は、若い時から飲みも仕事の一環と考えている人が多く、いわゆる飲みニケーションを大事にする世代なので、飲み会から仕事へ期待を発展させてくれる上司もいるのです。

ですので、積極的に幹事を引き受けると良い事があるかもしれません。

<メリット3 自由に決められる>

ある程度、参加する人の意見を聞いたりしないと、いけませんが、最終的には幹事が決められる権利があります。

食事の内容や時間、場所といったようにある程度自由に決めることが出来ます。

自由に決めることが出来るので、プライベートに影響が少ない点が上げられます。

<メリット4 お会計の方法次第では還元される>

飲み会の支払い方法も幹事が決めることが出来ます。

例えば、普段カードなどを使っている人であれば、会計をカードにしてポイントをためたりもOKですし、割引クーポンなどを使ってもOKなのです。

お会計は幹事がまとめてするので、参加者には会費を徴収するだけなので、何も問題はありません。

このようにお会計で得をするのも幹事のメリットなのです。

<メリット5 お酒が苦手や飲めない人には良い>

飲み会だと、お酒を必ず飲まないといけない雰囲気がありますよね。

でも、飲めない方や苦手な人からしたら、もうそれは本当に苦痛なことです。

しかし、幹事をすれば、お酒を飲む暇もないほど動きまわるので、そういった心配もなくなるでしょう。

飲み会の幹事なんてやりたくない!なんで俺が?と思ったときに読む記事のまとめ

どうしても幹事は新人や若い社員がするというところが多く、嫌に思う人も多いと思います。

しかし、やってみたら意外に悪くなかったと思うこともあるので、積極的とまでは行かなくても、幹事をお願いされたら是非引き受けるようにしてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-ビジネスマナー, メンタル

執筆者:

Googleサイト内検索