気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル

連休がうれしくない…それって休日神経症かも!リフレッシュできる過ごし方とは?

投稿日:2018年1月24日 更新日:

連休が来るのがうれしくないな。。。という人が意外にも多いのはなぜでしょうか?

それは、プライベートが充実していなくて仕事している時と何も変わらないから。

趣味がない、出不精、暇すぎる、仕事が気になってしまう。。。と言う心理状態の人がそのように感じるのです。

「休日神経症」とも言われる精神的な病的症状が出る人も居るぐらいです。

この症状は、休日になると妙に落ち着かなくなって心身に不調が出てくること。

普通の感覚だと連休になるとうれしい!と思う人がほとんどなのに、どうしてそんな風に思ってしまうのかを探ってみましょう。

関連記事
ブルーマンデーになる社員が続出!お休みの後のモチベーション対策!
職場によってかなり違う!連休を取るとき理由を言う必要はあるの?
初めての連休!でも嬉しくない!?退屈せずに過ごす方法!

スポンサードリンク


連休がうれしくないと思う心理は家庭のせい?

連休がうれしくないと感じやすい人はこんなタイプ!

・いわゆる「仕事人間」で休日出勤してしまう人。
・家に居ると家族等とのやり取りが面倒な人。
・仕事等で焦っていたり不安な事があって休んでいると落ち着かない人。
・休日に暇でお酒を飲みすぎてしまう人。
・特に趣味もなくやることが見つからなくて寝てるだけの人。

案外男性に多いようですが、会社で働くことにエネルギーを費やしているので、それ以外の事は何も考えられないのです。

家庭的な男性なら、家の掃除の手伝いとか子どもと遊ぶとか、いろんな事が当たり前の様に思いつくのですが、仕事人間の男性だと無理なようです。

何か燃え尽きてしまって、休日がどうしようもなく空しい時間だと感じるのです。

また、家族との関係がうまくいっていない場合も同じで、家に居るのが苦痛で仕方がないと思う。

それは仕事をしている男性だけでなく、女性も同じです。

休日になると、どうしてもみんなが居るから家事がやりにくくなったりして大変。

しかも料理を作るのが苦手な人は、休日に何を用意していいのか考えるのも憂鬱になってくるのです。

連休より平日のほうが、自分の決めた時間で動けるからいい!と感じる主婦層の女性がその代表的な例です。

子どもはともかく、夫が何も手伝ってくれないとか、家にずっと居て苦痛とか、夫婦関係にも問題があって連休がうれしくないのです。

スポンサードリンク

うれしくない心理状態にならないための連休の過ごし方!

連休中のNG行動は、

・休みの間に自宅で仕事をちょっと片付ける。
・寝だめと二度寝等の長い昼寝を取る。
・いつもできない夜更かしをする。

普段眠れないから、連休にゆっくり寝だめしておきたい!と思う人も多いです。

睡眠時間は取り過ぎても、かえって不眠症になったりうつ状態が出てくることもあって危険なんです!

いつもと同じ時間に起きたりするのが難しくても、お昼頃まで寝てるとか明らかに不規則な行動は控えたほうが、普段の生活リズムを壊すことがないのでベスト。

「休日神経症」という病的症状がありますが、実はそれは心の病で「うつ病」の仲間にはいるもの。

休日神経症の具体的な症状とは、休日になると平日よりもなぜか気分が落ち着かなくなって、虚脱感、無気力感を抱くこと

何をすればいいのか考えることすら煩わしくて、段々イライラし始めます。

結局、考える前に何もできず時間を持てあまして無駄に過ごしてしまう症状。

自分も当てはまるかもしれない。。。と感じたら、早めの対策を考えましょう!

① 外に出てのんびり読書。
② 行先を考えずに自宅近くを散歩。
③ ちょっと気になる部分だけでもお掃除する。
④ 家電の販売店に行ってみる。

家にこもっているのもちょっと思い詰めてしまうので、特に行先とか具体的に考えずに外の空気を吸いがてら、ちょっと散歩や読書が気軽でおすすめ。

何かを決めてしないといけないと思うことが心の負担になるからです。

お掃除も全部きれいにしないと!と張り切るのは勇気がいる場合もあるので、ちょっとここが汚れてるかな?と思う所だけキレイにしてみると気分転換になります。

外出するなら新商品が出やすい家電量販店なら、真新しくておもしろい!と感じます。

少し気持ちに変化を持たせたいときのリフレッシュにはむいています。

まとめ

連休がうれしくないと思うのは、休日神経症の疑いもあります。

心の病なので、何も趣味がない人や、やりたいことが見つからない人はなりやすいです。

無理に計画をたてて外出や行動するのはちょっと苦痛だと感じる人は、特に何も考えずに外に出たりして過ごすことから始めましょう。

人それぞれの休日の過ごし方はありますが、せっかくの連休をうれしくないと思わず、ちょっとのんびりしてみようと考える様にしましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。