気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

勉強に関する疑問・悩み・ヒント 気になること・素朴な疑問

脳が成長を続けるには脳トレがお勧め?小学生にも大人気の脳トレ問題を解く!

投稿日:


「脳トレ」って最近テレビ番組でよく観ますよね?

東大生の学習法等の関心から、脳トレに関するクイズや漢字ドリルみたいな本もたくさん出版されています。

小学生の知能が発達していく過程で、トレーニングというのはイメージがつきます。

でも、この「脳トレ」が注目されたのは、年齢に関係ないというところ。

脳に刺激を与えるメカニズムで、何歳であっても成長を続けるというのです!

物忘れがはげしくなったかも。。。と思い当たる大人にもすごく興味深いですよね?

なぜ脳トレをすると、どんどん脳が活発になっていくのでしょうか?

スポンサードリンク


高い知能を持つスーパー小学生がどんどん登場!教育の問題も脳トレで解決?

学校での勉強を嫌がる小学生たち。

そんな中で、多くの難問をズバッと答えるスーパー小学生が、テレビ番組にたくさん登場しています!

教育を受けて発達していく若い年齢に、脳トレでさらに活性化された脳細胞。

たくさんの事を吸収できるうえに、集中力や記憶力も養われた結果ですよね?

そんな小学生の頃は、ちょっと遊びながら何かしたいと子どもたちは思っています。

そこに目をつけて、クイズ形式やゲーム感覚で何かを意識して記憶するクセをつけさせるんです。

クセを付けた後は、続けて脳の働きを維持していけば、どんどん発展していきます。

今までは勉強にしろ、社会人になってからの仕事を覚えることも、どちらかと言えば若いから覚えられる!と考えられていました。

でも今は脳トレと言う新しい考え方が広まってきています。

脳トレが広まった魅力と素晴らしさを裏付ける脳のメカニズムとは、

① 脳トレで何かに集中して記憶する。

② 脳が刺激を受ける。

③ 脳細胞が活発に働き始める。

④ 普段使っていない部分の脳細胞も活動する。

⑤ 脳のデータベースの容量がどんどん増えていく。

こんな過程で進んでいくので、元々脳細胞が活発な小学生はもちろんですが、大人もトレーニングで成長できるのです。

スポンサードリンク

高齢者の介護施設等で注目の脳トレ!問題を解く高齢者にもたらすものとは?

高齢者で問題になっている記憶力の低下にも、この脳トレが注目されています。

介護施設のスタッフは、ゲームをしながら脳トレを取入ることが増えました。

今まで経験したことがある遊びで、楽しみながらするというのが一番のポイント!

しかも、あまり難しすぎると高齢者の方は、負担に思って脳トレの効果が出にくいのです。

慣れてきたら難易度の高い問題にもチャレンジすると、効果がアップ!

過去に経験したことの記憶を、脳に刺激を与えて呼び起こす。
そうすることで、記憶力の低下を防いでいきます。

普段から年配の方で日記をつける習慣があるとか、メモをまめに取る人は、記憶力の低下が少ないそうです。

元々は脳内にデータは入っているけど、ちょっと働きが鈍くなっているだけなのです。

それが先ほどの脳トレのメカニズムで解消されていきます。

脳トレの問題が解けて、「チャレンジする」、「達成感」、「楽しい」、この3つのリズムが脳細胞を刺激するのです。

まとめ

小学生が脳トレの難問を解くのは、若いからだけでなく、脳トレによってどんどん成長しているからです。

ちょっと学校の勉強が面白くなくて、やる気をなくしている子どもがいたら、脳トレのゲームやドリルをトライさせるのをお勧め。

脳の活性化だけでなく、誰でもやる気がなければ、何も身に着かないし覚えられません。

無理に勧めるより、楽しいことから始めてみて、そこからスイッチを入れても遅くないです。

脳トレには年齢は関係ない、ノウハウがあります。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-勉強に関する疑問・悩み・ヒント, 気になること・素朴な疑問

執筆者: