気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

気になること・素朴な疑問

「東雲」や「南雲」という苗字はあるけど「西雲」や「北雲」もあるの?「東雲」の読み方は?

投稿日:


「東雲」や「南雲」という苗字は聞いたことがありますよね。

それでは「西雲」や「北雲」もあるのかな?とふと疑問を感じた方いらっしゃいませんか?

また「東雲」は「しののめ」と読みますが、どの漢字が「しの」と読むのか、「しのの」「め」と分けるのか?考えれば考えるほど疑問がわいてきたので、これらについて調べてみました!

スポンサードリンク


「西雲」や「北雲」という苗字はあるの?

結論から言うと、残念ながら「西雲」や「北雲」という苗字はありませんでした!

ちゃんちゃん♪とこれで終わりになってしまっては面白くありませんね^^;

もし苗字を新設すれば存在することになります。

ひょっとしたらこの記事を書いている間にも、どこかで誰かが「西雲」や「北雲」といった苗字を作っているかもしれません。

新しく苗字を作る!?

考えられることは2つあります。

外国人が日本に帰化するときに、日本人のように苗字と名前を付けることができます。

漢字でもカタカナでもいいそうですが、漢字を勧められることが多いようです。

サッカーのサントス選手は「三都主」という当て字を使っていますよね。

もう一つは棄児(要するに捨て子)を発見した場合は、戸籍法第57条第2項に基づいて市町村長がその子の苗字と名前を決めます。

実際は担当者が考えたり、市町村長が自ら考えたり、いろいろなケースがあるようです。

苗字についても特に決まりがないので、「西雲」や「北雲」さんが誕生する可能性はゼロではありませんよね。

「東雲」の読み方って?

「東雲」は「しののめ」と読みますが、どのように漢字に読みを当てはめているのでしょうか?

これは「熟字訓」といって、漢字2文字以上の単語に日本の訓を当てはめた読み方なんです。

だから漢字ごとに読み方があるわけではないので、「東雲」あわせて初めて「しののめ」と読むんですね。

他によく使う熟字訓は「昨日(きのう)」、「紅葉(もみじ)」、「海老(えび)」、「小豆(あずき)」、「田舎(いなか)」、「息吹(いぶき)」、「師走(しわす)」、「吹雪(ふぶき)」、「八百長(やおちょう)」、「名残(なごり)」などがあります。

筆者が意外だったのは「風邪(かぜ)」、「心地(ここち)」、「雑魚(ざこ)」、「白髪(しらが)」、「梅雨(つゆ)」、「木綿(もめん)」などです。

これらも熟字訓だったんですね~!

非常に勉強になりました!

さいごに

「東雲」や「南雲」という苗字はあるけど、「西雲」や「北雲」はないということがわかりました。

でも新たに苗字を作ることは可能なので、いつか誕生する可能性はあるということなんですね。

また「東雲」は熟字訓といって漢字ごとに読みを当てはめているわけではない、ということもわかりました。

東と雲が2文字組み合わさって初めて「しののめ」と読むんですね。

同じような疑問を持っていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-気になること・素朴な疑問

執筆者: