気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

スポーツ

縄跳びが跳べない大人でも大丈夫!引っかかる原因や練習方法とは?

投稿日:2018年2月9日 更新日:

大人になって縄跳びを跳ぼうとしたら跳べない!ということありませんか?

どうしても縄が引っかかってしまう…原因は老化、ではありません^^

子どもと違って大人は大人なりの練習方法があるので、今回は縄跳びが跳べない大人が飛べるようになるための練習方法やコツについて調べてみました。

スポンサードリンク


縄跳びが跳べない大人の問題点

小さい頃に縄跳びをやったことがある人がほとんどなので、ある程度の跳び方は知っていると思います。

しかしいざ跳ぼうと思ってもうまくいかない・・・問題点はどこにあるのでしょうか?

  • ①縄が足に引っかかる
  • 両足で飛んでも数回しか飛べず、なかなか長く跳ぶことができない。

    左右どちらかの足に縄が引っかかってしまう。

    【原因】
    縄跳びを回したとき、縄が着地する場所が足に近すぎるか足の上にきている可能性がある。

    また、縄跳びを持つ手が左右一直線になっていなくて、どちらかが前後にずれている。

    縄を回すときに左右の力に差があるか、速さに違いがある。

  • ②縄が頭に引っかかる
  • 縄が頭に引っかかり、膝をかがめたり、頭を低くしないと跳べない。

    【原因】

    縄の長さが合っていない。

    縄を持つ手が左右に開きすぎて、頂点に来たときに頭にあたりやすくなる。

スポンサードリンク

縄跳びを跳べない大人が跳べるようになるためには?

①ある程度の縄跳びを用意する

100均などで手に入る安い縄跳びは子どもが使うには問題ありませんが、大人に合う長さに調節するとビニール製のため軽すぎて、縄を回したときにふにゃふにゃとなってしまいます。

回したときの変形が大きいと当然跳びにくくなります。

もしダイエットやトレーニングなど本格的に縄跳びをやりたいと考えているなら、それなりの縄跳びを用意した方がいいでしょう。

ボクシングジムなどで使う革製の縄跳びは結構なお値段ですが、そこまでしなくてもスポーツ用品店で1000円前後出せば、変形が少ないタイプの縄跳びを購入することができます。

②縄の長さを合わせる

縄の長さを調節するときは、縄跳びのグリップをしっかりと握り、脇を締めます

そして縄の真ん中を下に垂らして両足で踏み、両手がおへそぐらいの高さになるように長さを調節します。

慣れないうちは肘が開いたり、左右の高さが違ったりして、なかなかピタッと最適な長さに合わせられないことがあるので、縄は切らずに手首などに巻き付けるという方法で調節しましょう。

③正しい回し方を練習する

まず縄の持ち方で大事なのは
 ・脇をしめること
 ・肘の位置が身体よりも少し前にあること

です。その状態をキープしつつ縄を腕ではなく手首で回します。

そのときに跳ぶリズムにしっかり合わせることと、肘が後ろに下がったり腕が広がったりしないように気を付けましょう。

回した縄が両足の直前に着地するように回さないと、引っかかってしまいます。

④リズムと姿勢に気を付けて跳ぶ

どうしても両足で跳ぶと引っかかるという場合は、まずは片足ずつ跳んでみましょう。

右右左左というように、自分の跳びやすいリズムに乗って跳んでみてください。

また跳ぶときの姿勢も大事です。

あごを上げすぎないように気を付けて、跳ぶときの上下の動きをなるべく少なくするのがコツです。

⑤少しずつ毎日練習する

少しずつでもいいので毎日練習を続けることが大事です。

例えば20回ずつを3セットやろう!というように一日の練習量を決めて取り組むといいでしょう。

慣れて来れば回数を少しずつ増やして長く跳ぶことができるようになります。

さいごに

縄跳びは体を鍛えるのにとても有効な運動です。

縄が一本あればどこでも手軽にできるし、季節も問わないので簡単にできますよね。

冬は特に運動不足になりがちなので、まずは簡単な縄跳びから始めてみませんか。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。