気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

制度 文化 気になること・素朴な疑問

厄年の厄払いの時期や料金相場やマナーはあるの?

投稿日:

厄年 厄払い 時期 料金相場

厄年には《前厄》《本厄》《本厄》3年間あります。
3年って・・長いですよね!

私も神社から《厄年》のハガキが届いたことあります。
皆さん!厄年は信じますか?

私の主人は
《厄年!?何かある人には厄年関係なくあるよ。》
と言っていたの思い出しました。

それは普段の行いが悪いと言えばいいのかな?

厄年と言っても
お札をたくさん飾るわけに行かない
お守りたくさん持ち歩くわけにも行かない

さて・・何したら!?
少し気になりませんか?

私は厄年の《前厄》のとき
友人と厄払い行ってきました。

・厄年とはなに?
・厄年の厄払いはいつまでにいくの?
・厄年の厄払い料金相場とマナーは?

今回は3点にしぼり私の経験と調べまとめましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク


厄年とはなに?

厄年 厄払い 時期 料金相場

厄年と聞くと《1年悪いことがある》というイメージじゃないですか?

人間“無病息災”が一番良いですね。

『厄年だから・・仕方ない!』と諦めてしまう方
『厄年?気にすることない!』
『厄年か・・・。念のために厄払いいこう!』
考え方は人ぞれぞれですが

厄年ってなにか知っていますか?

『厄災が多く降りかかる年齢』と言われていますが根拠はないですが
男性の厄年と女性の厄年で年齢も分かれています。

男性の場合は25歳42歳61歳

女性の場合は19歳33歳37歳61歳

男性の本厄は42歳

※社会的地位の影響で精神的・体力的に疲労が多く
語呂合わせで『42=シニ』として言われることもあります。

女性の本厄は33歳

※子育てや主婦として多忙な時期
忙しい毎日の中、不慮の事故や病気なども起こりやすいと言われています。

《前厄》大きな災厄が起こる前触れとされています。
《本厄》災厄・災難に最も見舞われるとされています。
《後厄》病気・怪我などに注意をしてとされています。

では、厄年の厄払いはいつまでに行くのがオススメ!?

スポンサードリンク

厄年の厄払いはいつまでにいくの?

厄年 厄払い 時期

厄年になると厄払いを考える方もいますが
私の厄年を意識したのは33歳!

私の年齢が判明してしまいましたが・・・。

2017年33歳になる数え年が本厄になりますので
前厄の2016年32歳で厄払いにいきました!

ちょうど、友人が海外から帰ってくるので3人で行くことになりましたが・・

『厄払いいこー!』と話したのはいいですがいつまでに!?

友人のお母様のお話では
《節分の2月3日までに行くのがオススメよ》と言われたので
年明けの1月中旬頃に《前厄》の厄払いにいきました!

しかし!一つ問題が!

友人2人は結婚しておらず私だけ既婚者で子供がいる!

主人も実母も仕事で居ないので結局子連れ厄払いに。

3人+赤ちゃん一人!
特に問題なくいけましたが・・

一人の友人は同じ学年の1月で早生まれだから1年先。

一人の友人はどんな感じかみたいから
本厄の時にお祓いしてもらうと言いだし・・

私だけ神主様にして頂く事になりました!

緊張しましたね・・。

子供は太鼓の大きな音にビックリして
泣くことも忘れてたみたいです!

厄年に関しては一般的に
《年明け正月から節分の日》までがオススメ時期です!

最後に厄払いと言ってもマナーや料金相場を知らないと
恥ずかしいので調べました!

スポンサードリンク

厄年の厄払い料金相場とマナーは?

厄年 厄払い 料金

神社と言えば神様が居る場所です。

友人と初詣にいくことはしますが、行事ごとで神社に行くときは必ず祖母か実母と行っていたので友人と厄払いにいく!

でもどうすれば?となりました

お祓いをしていただくには
神社に《初穂料》お寺は《お布施》を納めなければいけません。

料金相場としては5000円~10000円とされていますが
神社やお寺によっては料金提示してある場合も!

そこは調べて下さいね!

私は神社で《初穂料》5000円を納めました。

料金が分からない・・巫女さんに聞いても良いですが
神社は神聖なる場所なため
『お気持ちをお納め下さい』としか言われない場合も!

のし袋は、紅白蝶結び水引を使用。

神社に到着
厄年の前厄払いに来たと伝え
《名前・住所・生年月日》の必要事項を記入
《初穂料》を納めます。

そして部屋に通されお祓いを始めるのですが
神主様のお祓いのしゃべり方に
私・・笑ってしまった!

だって。。面白い!
私のように笑わないように気を付けて!

服装は特に正装をしなければいけないと言うことはなかったです!

しかし、神社でお祓いをして頂くので
そこは社会人として派手すぎない格好がオススメです。

本厄の時二人目を出産間近だったのでお祓いは出来ませんでしたが
結局、その後の後厄もバタバタしていたのでいけませんでしたが
女性の場合
妊娠や出産で厄落としになると言われることも!

地方ごとに諸説あると思いますが
私が言われたのは『男の子を妊娠出産すると厄落としになるよ!』

しかし、本厄の時は女の子妊娠中でしたね!

本厄年の出産・・仕事もして切迫早産になったぐらいで
元気な女の子を産みました!

まとめ

厄年 厄払い 時期 料金相場

厄年に関しては諸説有り信じる信じないも我が身が思うこと。

気になるようであれば厄払いをオススメします。

時期は節分前までがおすすめですが、あなたの体調や予定も考慮して決めましょう。

料金相場は5000円~10000円ですが、行く予定の神社やお寺に尋ねてみるのがベストです。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-制度, 文化, 気になること・素朴な疑問

執筆者: