気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

国内

長崎の稲佐山周辺でおすすめのホテルは?夜景を見ながらゆっくりしたい!

投稿日:2018年2月6日 更新日:

長崎の稲佐山といえば夜景でも有名な観光名所です。

今回は、長崎の稲佐山周辺でおすすめのホテルをご紹介します。

関連記事
長崎市の稲佐山!小さい子どもが無料で思いっきり遊べる人気の場所

スポンサードリンク


稲佐山観光ホテル

稲佐山の中腹にあるホテルで、長崎で稲佐山に行くならココ!というぐらい定番でおすすめのホテルなんです。

価格もお手頃ですし、なんてったって稲佐山の中腹の斜面に建っているホテルなので景色が抜群!

港あたりがよく見えて、運が良ければ大きな豪華客船も観ることができますよ。

【稲佐山観光ホテルの口コミ】

家族旅行で行きました。車駐車場について、スタッフが温かく出迎えてくれます。
接客も上手で笑顔の素敵なかわいいスタッフが対応してくれました。
部屋は広く綺麗な和洋室で、ベッドが2つに和室、ベランダからも夜景が綺麗です。
夕食はフロント近くの食堂で、出島懐石。お腹いっぱいになるし、とても美味しかったです。
角煮まんじゅうまで食べられてびっくり!
4歳の子どもには、お子様ランチカレーやハンバーグ、デザートまであり大喜び。
温泉は2か所。曙館の広い温泉に入りましたが、浴室の眺めも綺麗で温度もばっちり。
朝食は夕食と同じ場所でバイキング。
パンも美味しく種類がたくさんあったので、子供達も何度もおかわりしてました。
安く泊まれて、大満足!また行きたいです。
出張で利用しました。
館内含め部屋もリニューアル中でとても綺麗でした。
大浴場からの夜景も抜群ですが、9階屋上からの長崎市街の夜景は最高でした。
長崎に行くならやはり一度は稲佐山に泊まるべきです。
子ども連れの旅行でしたがとても楽しめました。
接客もとても丁寧で、離乳食の温めなども快くしてくださいました。
ご飯がとても美味しかった!
朝食のバイキングは時間があれば何回でもおかわりしたいと思ったほどです。
お部屋も快適で夜景がとてもきれいに見えました。
また行きたいです。

稲佐山温泉 ホテルアマンディ

稲佐山の中腹にあるホテルで、長崎駅などから無料のシャトルバスも出ているのでアクセスが非常に便利です。

日帰り温泉施設としてお風呂だけ楽しむお客さんも多いのですが、ホテルの部屋は広々として意外と穴場なんですよ!

【稲佐山温泉 ホテルアマンディの口コミ】

もともと山側の部屋の予定だったのですが、部屋が空いてるからと従業員さんのご好意で
夜景側のツインの部屋に変えてもらえました!
露天風呂の隙間から見える稲佐山からの夜景は最高です。
宿泊客はラオケ、ビリヤード、卓球の中から選んで無料で利用できるのも嬉しいサービス。
駅とホテルを結ぶ無料シャトルバスが便利、安くて夜景が見れたので大満足です。
昔ながらの温泉のおおらかな雰囲気と、ホテルの機能性が一体となった過ごしやすい場所でした。
遠方から重い荷物を持ってきても、長崎駅からのリムジン送迎があるのでとても便利!
スタッフの対応がとても丁寧で気持ちよかったです。
長崎の街が一望できるスイートにアップグレードしてもらえたのは本当に驚き! 
もったいないほど広々した部屋で、本当にゆっくりと過ごせました。
お食事は地元の食材を使ったお料理を楽しめます。
お造りと長崎牛がとっても美味しかった! 
お風呂も広々して気持ちよかったです。

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

長崎の夜景が存分に楽しめる全室オーシャンビューのホテルです。

緑に囲まれて大自然の恵みを感じながら、長崎の絶景と美味しい料理が楽しめます!

【ガーデンテラス長崎ホテル&リゾートの口コミ】

スポンサードリンク

暗くなると、期待通りの夜景が見えました!
寒い時期でなければ、ベランダで夜景を見ながらお酒を飲むと最高だと思います。
ラウンジはとても居心地がよく、夕食前、夕食後、朝食後と3回も利用しました。
朝食は、オプションメニューを頼めるというスタイル。
どれも美味しく頂きました。
対応してくださったスタッフの方はとても親切で感じが良かったです。
全体的にサービスのレベルも高く満足のいくホテルだと思います。
タワースイートに宿泊しました。
お部屋が広くて綺麗で、テラスからの眺めもばっちり、
全体的な雰囲気がとても良いです。
レストランのお食事は夕朝食ともとても美味しかったです。
クラブラウンジでお菓子や飲み物をいただきながらゆっくりくつろげて
とても幸せな気分になりました。
またぜひ泊まりたいです!
関連記事と広告

-国内

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。